お金を借りる滞納

キャッシングカードやクレジットカードなどお金を借りている場合にどうしても訪れるものが『返済日』です。

キャッシングカード、クレジットカードを所有している人はもし、返済日への振込が送れた場合はどのようになるのかと疑問を持っているかと思います。

滞納した場合について解説していきたいと思います。

滞納には様々な種類があり、お金が無くて振込が出来なかった。

引き落としの口座にお金は入っているけれど、1円足りないことから引き落としが出来なかった。

お金を持っているけど、口座に振り込むことを忘れていたと滞納する要因は意図的ではないものも含まれるのですね。

しかし、残念ながら、滞納を1回しただけでも信用情報機関に記録されます。

では、その情報を元にキャッシングカードやクレジットカードを発行する際に影響があるのかと言えば、そうではありません。

消費者金融、銀行、クレジットカード会社などは1回目の滞納を1円、数十円が足りずに引き落としが出来なかった。

振り込み忘れていただけで返済能力はあると判断するからですね。

なので、たった1回の滞納が原因で審査が通りにくくなると言うことはあまりないです。

では、注意すべきポイントはどこなのかと言えば、このあと続けての2か月目の滞納、3か月目の滞納ですね。

1回目の滞納の場合は振り込めなかった原因があると金融機関は判断しますが、続けて2か月目の滞納、3か月目の滞納と続くと、金融機関も意図的にやっているのではと考え始めますのです。

3か月連続して滞納した場合はブラックリストに登録され、キャッシングカードの申込み、クレジットカードの申込み、ローンの申込みに通らなくなる可能性が高くなってきます。

金融機関によっては2か月連続で滞納でもアウトにする会社もあるので、1か月目はまだ許される範囲と考えていいですね。

金融機関の中には1度の滞納だけで電話連絡をしてくる金融機関もあるので、返済日には神経を尖らせておきたいところです。