消費者金融からお金を借りる場合に審査に必要なものとは

お金を借りるFAQ書類
初めてお金を借りる際に消費者金融に提示が必要な書類と言うものがあります。

多くの人が疑問に思うポイントであり、不安を抱くポイントでもあります。

では、審査に必要なものとは何かを説明していきます。

基本的に審査に必要なものとしては身分証明書が挙げられます。

たったこれだけの書類と思われる方もいるかと思いますが、これは一番下の融資を受ける場合の話なのですね。

消費者金融によって変わりますが、融資される金額の上限が平均的に50万円であり、それを超える融資を受ける場合にはさらに提出する書類と言うものが出てきます。

つまり、上限50万円の融資であれば、身分証明書だけで審査が行われると言うことです。

身分証明書は主に、運転免許証、パスポート、健康保険証など個人情報が記載されたきちんとした機関が発行した信憑性が高いものだけで、学生ローンの場合などでは学生証が認められる場合もあります。

書類のチェック方法としてはスタッフがいる店舗の場合だと直接確認を行いますが、無人契約機だと設置されているスキャナーから、インターネット申し込みの場合はパソコンに設置しているスキャナーからデジカメで撮影した写真、携帯電話の場合は携帯電話のカメラで撮影した身分証明書が認められる消費者金融もあるので、チェック方法も多様化してきています。

このように住所などの個人情報だけで信用を審査しており、50万円以上の融資を受ける場合には収入証明書と呼ばれる書類を提示しないといけません。

ここからは収入面なども審査の対象となり、きちんと返済できる能力があるのかどうかが視野に入ってくるのですね。

消費者金融によっては審査基準などが異なるので、提示を求める書類なども変わってきますが、基本的には身分証明書だけ持っていけばお金を借りる事が出来ることになります。

これからお金を借りようとしている人は審査内容も最初のうちは甘いので、リラックスしてからいきましょう。