お金借りるFAQ

特別融資とはあまり聞きなれない言葉で実際にあちらこちらで使われている言葉ではなく、特別な状況になった場合に融資が行われる時に使われる言葉です。

基本的に地方自治体や国からの融資であり、地方自治体や国からお金を借りる事になるわけです。

 

では、特別融資が行われる特別な状況下としては例えば、太陽光発電に積極的な地方自治体で太陽光発電を設置する家庭に援助金を送ると言う地域もありますが、これが特別融資となるわけです。

他には震災復興の為に被災者の生活の為に車代や住宅建設費など特別に融資することをがあります。

これが特別融資の正体と言えるでしょう。

しかし、援助ではなく融資なので、あくまでも地方自治体や国がお金を貸しているだけにしかすぎません。

当然返済と言うものが発生するわけです。

 

返済に関しては各地方自治体、国、特別融資内容によって異なりますが、金利が1.6%と低く設定している地方自治体、国も多く、比較的利用しやすい金利にしています。

もちろん、このような街にしたいのは地方自治体であり、国であるので、利用者を増やすと言う目的も含まれています。

地方自治体、国以外でも消費者金融が特別融資を行うこともあり、例えば、会員限定で収入減少やリストラにあった人の生活を守るための特別融資や子供の教育費など特定の人間に対して限定的に行っている特別融資も存在しています。

最近では高齢者を限定とした住宅特別融資なども行われており、高齢者のお金を引き出そうとする特別融資も増えてきたのも事実です。

 

このように特別な環境下でお金を借りたい場合に利用するものが特別融資となり、多くの人が簡単に特別な環境下に入ることは少ないかとは思いますが、特別融資の大半は震災や津波などで被害にあった人を救済するものなどが多く、金利が低く設定されている部分が他のキャッシングやローンサービスにはないものとなっています。

なので、特別な環境下になった場合は地方自治体、国、消費者金融の特別融資をチェックしてみたいものですね。